バナー

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡音リンに坂戸よさこい歌わせてみた

  • 2007/12/30(日) 17:48:09

 発売日に手には入れていたんですが、HPの納品やら何やらがあってインストールできないままでいた鏡音リン。今日はお店に出る用ができたおかげで、じっくりといじる時間が持てました。

 最初に何を歌わせるか迷ったんですが、もはや指が自然とよさこいを奏でるようになってしまったので、坂戸よさこいのアレンジバージョンにしました。で、できたのがこれ。



  mp3版はこちらから
  http://www.bit-ms.biz/rin_yosa.mp3

 ACID素材とSONARのソフト音源だけで手っ取り早く仕上げてみました。いかがでしょうか?

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

日本人が開発しただけあって日本語が上手な音声合成具合なんだね。
日本語を上手に歌わせるテクニックも必要なのかな?
オケはソフトウェア音源だとシャープな感じで好みでした。

  • 投稿者: たかぽん
  • 2007/12/31(月) 07:47:58
  • [編集]

うんうん、日本語向けなので逆に英語歌わせる方が大変みたい。

上手に歌わせるにはかなりテクニックが必要みたいで、
半日弄っただけの僕にはまだ難しいよ。
「降誕祭」がどうしても「ぎょおたんさい」になっちゃうw

母音と子音を分けて半音下からしゃくり上げたり、
促音が入力できないから音の長さで調整したりと、
基本技だけは使えるようになったんだけどねぇ。

オケはほとんどがACID素材で、
琴とピアノだけがSONAR付属のソフト音源。
こういうダンス系の曲だとこれだけで十分できちゃうんだよね。
ほんと楽になったよ。
10年前じゃこれだけの曲を4時間で作るのは無理だったもんね。

  • 投稿者: mogi
  • 2007/12/31(月) 15:20:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。