バナー

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャノンプリンターMP600 エラー6A00修理結果

  • 2008/03/20(木) 13:39:18

 修理に出していたプリンターが昨日返って来ました。おかえり、俺のプリンター!o(^o^)o

 添付されていた修理票を見てみると、パージユニットと印字ヘッドの交換となっていました。パージユニットとは何だろうと思いGoogleで検索してみたら、インクを吸引するポンプのようです。それが動作不具合を起していたようで、6A00のエラーが出ていた模様。インクを吸引するポンプの不具合でなぜ内部メカの位置不良というエラーメッセージが返ってくるのかはよくわかりませんが、とりあえず無事直ってよかったです。

 なお、インクはついてませんでした。「インクの残量がございませんので、交換してご使用下さい」というビジネスチックな一文が修理票に記されているだけ。この点はキヤノンよりエプソンの方がCS(顧客満足度)的に優れていますね。エプソンは全色、インクを付けてくれますから。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

パージユニット

ちょうど1週間で返ってきたね。5稼働日だね。
僕もパージユニットを検索して調べてみたところ、インクヘッドのホームポジションにあたる場所とのこと。ここでインクヘッドのコンディションを良い状態にしているみたいだね。
でも、エラー内容と修理内容に関連性がないのは不思議(爆)。ただ、パージユニットの存在を知ったことで「清掃すれば自前で直せるかもしれない」という収穫は得たかな!?

  • 投稿者: たかぽん
  • 2008/03/20(木) 23:11:31
  • [編集]

うんうん、今度故障したら自分でもちょっと弄れそうだよ(^^)
せっかくお金を払って修理に出したので、
そこから何かを吸収して業務に活かさないともったいないしね~

  • 投稿者: mogi
  • 2008/03/21(金) 19:17:28
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。