バナー

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス書を見ていると

  • 2008/12/11(木) 12:48:22

 独立開業に関するビジネス書を見ていると、価格の設定は高めくらいがちょうどいいと出ています。安い値段でスタートしてしまうと後から上げにくいから、と。

 でもこれ、実際にやるとストレスになると思います。お客さんに「高いなぁ」と言われたり、「もっと安くしてよ」と言われたり、「これでこの金額かぁ」と言われたりしたら、事業を継続するためのモチベーションも下がってしまいます。

 僕はそんなストレス源になりうる可能性は徹底的に排除したいので、自分の身の丈にあった安い料金から始めました。レッスンも最初は1時間千円だったし、作曲やHP制作なんて1万円からのスタートでした。レッスンに関してはあまり値段も上げられないので今もそれほど変わってませんが、曲やホームページに関しては現在その5~10倍の金額になっています。それは、自分で値段を上げたわけではなく、全てお客さんが納品物の内容を評価して自ら上げてくれたのです。

 今日もパソコンのメンテナンスを頼まれていた生徒さんから、うちで請求した倍の金額を戴きました。うちでは完全に修理することができずに応急処置しかできなかったので、検査にかかった費用しか請求しなかったんですが、パソコンを預かってる期間中色々調べたり試したりしてたことを解っていてくださってたようで……本当にありがたいです。

 この方がストレスもないし、喜びも大きいと思うんですよね。ビジネス書はあくまでも経営者の観点で書かれているのでそれが間違ってるとは言わないですが、僕はストレスがなく喜びの大きい方を選びます。つぐづく自分はアンチビジネス人間なんだなぁ、と思いました。

スポンサーサイト


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。