バナー

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影のお仕事

  • 2008/04/06(日) 19:23:30

 この前の日曜は、うちのお客さんがやっているピアノ教室「音学館」の発表会を撮影しに行ってきました。会場は自宅から徒歩でも10分かからない場所だったので、三脚とカメラ一式を担いで歩いて行くことに。コンサートを開ける公共の施設がうちのこんな近くにあることに、ちょっとした驚きと喜びを感じました。芸能人が来るような場所ではないですが、何か催したいときには便利そうです。

 撮影はビデオとスチル(写真)の両方。リハの時はスナップ写真を、本番の時は記念となるような演奏時の写真を撮っていきました。ひとりで両方やらなきゃならないので、ビデオは三脚に立てたまま録画ボタンを押して放置して、ずっとデジカメを持ってウロウロしていました。ビデオはあくまでも先生が見るだけの記録用なので必要最低限の操作にし、ピアノを習っている生徒さんに配布するための写真に重点を置いたわけです。

 演奏を披露した生徒さんは、下が幼稚園の年長さんから上はおばあちゃんまで。女の子や女性だけでなく、男性も。かなりバラエティに富んだ演奏会でした。曲目がクラシックで統一されているので、ピアニストが老若男女様々でも大変まとまった感じでした。

 第1部はごく普通の発表会形式で淡々とピアノを弾くだけだったんですが、第2部は絶対他所の教室じゃ真似できない面白いものでした。親子での連弾ありーの、ネコミミをつけての合唱ありーの。特に 「ネコふんじゃった」に様々なアレンジを加えて、猫耳をつけた子供たちが振りを付けながら歌うコーナーは、かわいらしさ抜群でお年寄りや親世代の方々に大受けでした。

 とても暖かくて柔らかな雰囲気に包まれる、いい発表会でした。仕事で行ったにもかかわらず、癒されまくってきましたw

スポンサーサイト


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。